トップページ 馬の見方・準備編 馬の見方・実践編 実馬を見る まとめ
トップページ

馬の魅力・馬を見る楽しさを味わおう
馬はどうやって見るのか?馬の見方は古今の馬主、博労(ばくろう)、調教師が求め続けてきた課題といえます。多くの人が将来走る可能性のある馬を求めて、血統、馬体についての考察を求めてきました。
しかし、今も明確な答えはでておらず、百人百様の回答がありそれぞれに正しさを持っています。「将来走る馬」を見極められるならば、これほど魅力的なことはないでしょう。しかし、現実にその方法は確立されていません。馬の魅力は「馬を見る魅力」にあるともいえるでしょう。馬を見る方法を知ると、今まで漠然と見ていた馬でも「もっと楽しく見られるようになります」ここでは、馬を見るための基本的な方法を説明しますが、あくまで判断するのは自分自身です。自分で馬を見て推測し、判断することが楽しいのです。

ここからは、クラブ馬主の皆さんが馬を選ぶに当たって、過去の先人達の経験や、基本的な馬学の知識を織り交ぜながら、馬を見る楽しさを伝えたいと思います。あくまで判断材料は提供出来ますが、どの馬を選ぶかは自身の判断であり、楽しさでもあります。これを参考に各人が納得できる馬の見方、選び方を身に付けて頂きけると幸いです。尚、ここで馬を見る時期はおおむね夏から秋(7月前半から9月後半)とし、対象は1歳馬に限定します。